セサミンとビタミンEの相乗効果

セサミンは抗酸化力が強い成分です。
セサミンと同様に、抗酸化力が強いことで知られているビタミンE。
二つとも抗酸化力が強い成分なのですが、どのように違うのでしょうか?
セサミンとビタミンEの抗酸化物質は、効果を発揮する場所が異なります。
セサミンは肝臓の中で抗酸化作用を発揮し、ビタミンEは血管や細胞で抗酸化作用を発揮します。
働く場所が異なるので二つを摂取すると、体全体の活性酸素を除去することができるのです。

実は、ビタミンEは肝臓にも存在しています。
ですから、セサミンが肝臓で作用すると肝臓にあるビタミンEが破壊されることなく血流に乗って全身に行き渡ることができるのです。
また、ビタミンEは単体で摂取しても体内に入ると壊れやすい上に、吸収される量も少ないのです。
しかし、セサミンと同時に摂取すると、成分が破壊されることなく体内で吸収されやすくなります。
このようにセサミンとビタミンEはお互いの力を補い合うので、相互補完関係にあるといわれています。

セサミンとビタミンEを同時に摂取する方法はとても簡単です。
ビタミンEが配合されているセサミンサプリを飲めば良いのです。
セサミンとビタミンEの相乗効果は広く認められているので、二つの成分が配合しているサプリはたくさんあります。
サプリを選ぶ際のポイントは、セサミンの濃度が高いものを選ぶことです。
セサミンの濃度が高いということは、ビタミンEの量も多くなるからです。

セサミンとビタミンEの健康効果を得たいという方は、過剰摂取せずに規定量を守って毎日飲むようにしましょう。
セサミンもビタミンEも薬ではないので、飲んだからといってすぐに効果が現れるわけではありません。
しかし、飲み続けることで確実に二つの成分の健康効果を実感することができます。

セサミンとビタミンEは、強力な抗酸化作用があります。
健康効果と美容効果を手に入れたい方は、ぜひ二つの成分が配合されているサプリを飲んでみてくださいね。

そんなセサミンサプリの人気ランキングはこちら