野菜の和え物でセサミンを摂取

健康な食事を家族に食べさせたい、そんな方にオススメの料理が和え物です。
和え物は簡単に作ることができるので、あともう一品欲しい時にピッタリ。
野菜×ゴマを使うので、健康効果抜群です。

ゴマにはセサミンや多くの栄養が含まれています。
セサミンは抗酸化作用があるので、様々な病気を予防することができます。
また、アンチエイジング効果もあるのです。
ゴマにはその他にも、自律神経を整えたり血流を良くする効果もあります。
ですから、健康を維持させたい方はゴマを積極的に摂ることをオススメします。

ゴマを使う時に気になることが、白ゴマと黒ゴマのどちらが体に良いのかということです。
結論を申し上げると、どちらのゴマも体に良いです。
それぞれのゴマの特徴を挙げると、黒ゴマは黒い皮に抗酸化物質であるアントシアニンやカルシウムが含まれています。
白ゴマは含油率が高いので、抗酸化作用が強いです。
このように、黒ゴマも白ゴマもどちらも抗酸化作用に優れているといえます。
ポイントを挙げるとすれば、白ゴマは油分が多いので、カロリーが気になる方は黒ゴマを選ぶようにしてください。

それでは、和物レシピを簡単にご紹介します。
ご紹介するのは、ほうれん草の和え物です。
材料はほうれん草(一束)、白いりゴマ(大匙一と二分の一)、醤油(大匙二分の一)、砂糖(小匙二分の一)。
作り方をご紹介します。
ほうれん草を茹でます。
ほうれん草に火が通ったら、冷水にとって水気を絞り一口大に切ってください。
切ったあとに、再度水気を絞りましょう。

次に、ゴマを粗めにすります。
すったゴマに、醤油と砂糖を加えて軽く混ぜてください。
最後に、ほうれん草を入れて調味料となじませます。
これで完成です。
ほうれん草の代わりに、ブロッコリー、いんげん、春菊、小松菜、水菜などを使うこともできます。
アレンジしやすいので、ぜひ作ってみてくださいね。

和え物は、野菜をなかなか食べてくれないお子さんにもオススメです。
ほんのり甘いゴマ味なので、野菜をたくさん食べることができます。
家族の健康のために、セサミンたっぷりの野菜の和え物をぜひお試しください。