セサミンとポリフェノールの相乗効果

セサミンとポリフェノールは、どのような関係があるのでしょうか?
簡潔に述べると、セサミンはポリフェノールの一種です。
ご存知のとおり、ポリフェノールと言えば抗酸化作用がある成分。
抗酸化作用を持つ物質(抗酸化物質)は、体内の活性酸素を除去して、病気を防いだり体を若々しく保つことができるのです。

セサミンの抗酸化作用について、詳しく説明していきます。
セサミンは腸で吸収された後に、肝臓の入口である肝門脈を通り過ぎてから抗酸化物質へと変わります。
そして、肝臓に溜まっている多くの活性酸素を体外へ排出してくれるのです。
体内で発生する活性酸素のうち、約80%が肝臓で発生しています。
ポリフェノールも活性酸素を除去する作用があるのですが、セサミンとは作用する場所が異なるのです。
最も多くの活性酸素を除去できるセサミンと、その他の場所で作用するポリフェノールを摂れば相乗効果により、全身の活性酸素を体外に排出することができます。

セサミンはゴマに大量に含まれているイメージがありますが、実際はゴマ内に1%しか含まれていません。
ですから、ゴマを積極的に摂るのも良いですが、セサミンを効率的に摂るならサプリが一番良いのです。
セサミンサプリは、数多く販売されています。
その中でもオススメなのが、セサミン以外の成分が含まれているサプリです。
例えば、セサミン+ゴマリグナン類を含むサプリ、セサミン+ビタミンEを含むサプリです。
ゴマリグナン類にもビタミンEにも、抗酸化物質が多く含まれています。

ですから、これらの成分を含むサプリとポリフェノールを摂れば、より多くの抗酸化物質を摂取することができるのです。
セサミンもポリフェノールも薬ではないので、すぐに効果が現れるわけではありません。
どちらの成分も、継続して摂る必要があります。
セサミンサプリなら外出先でも気軽に飲めるので、無理なく続けることができます。

活性酸素を除去できるセサミンとポリフェノール。
セサミンとポリフェノールを摂って美容・健康を維持させましょう!