セサミンと活性酸素

活性酸素=体に悪いものという認識があると思いますが、具体的にどう体に悪いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?
そもそも、活性酸素とはどのようなものなのか説明していきます。

活性酸素は、体に悪いものというイメージが広がっていますが、実は体に必要なものなのです。
酸化力が強い活性酸素は殺菌作用が強いので、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれます。
さらに、酵素の働きをサポートする効果もあるのです。

私たちが普通に生活するだけでも、体内では活性酸素が作られています。
ちなみに、呼吸で取り入れた酸素の約2%が、活性酸素になるのです。

活性酸素は酸化力が強力過ぎるがゆえに、細胞にダメージを与えることがあります。
体内の活性酸素が増えれば、細胞がサビやすくなるのです。
細胞が酸化すると、あらゆる組織が衰えます。
そのため、生活習慣病にかかりやすくなったり、肌のトラブルが増えてしまうのです。

活性酸素を体内から排除することができる成分がたくさんありますが、その中でも一番有効といわれている成分がセサミン。
その理由は、セサミンは肝臓で最も有効な働きをするからです。
体内で発生する活性酸素のうち、80%が肝臓で発生します。
セサミンは肝臓で発生する活性酸素を除去して、体外に排出してくれるのです。

先程も述べたように活性酸素は体内で増え過ぎると、病気を引き起こしてしまうので、セサミンを継続的に摂ることで健康な体を維持させることができます。
セサミンを摂るには、ゴマやゴマ油を摂ること。
ゴマを料理に使うと風味がアップするので、好んでゴマを使っているという方も多いと思います。
ゴマは適量を使うくらいなら問題ありませんが、大量に摂り続けるとカロリーが気になってしまいます。

アンチエイジングのためにセサミンを摂りたい方は、セサミンサプリがオススメです。
サプリに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、サプリならセサミンなどの栄養成分だけが入っているので、カロリー過多になりません。
また、毎日続けやすいというメリットもあります。
活性酸素を除去して、健康的な体を維持させるためにもセサミンをチェックしてみてくださいね。